狭い部屋にベッドを置く3大ポイント

狭い部屋のベッド

狭い部屋にベッドに、なんとかベッドを置きたいという人も多いんです。

 

部屋が狭い場合は、ベッドを置くとほとんど場所が無くなってしまいます。

 

自由に使うことができるスペースは、少しでも広く取りたいですよね。

 

そこで、ベッドを置いても部屋が広く・有効に使える方法をまとめました。

 

<スポンサードリンク>


部屋を広く使う方法

狭い部屋の場合は、特に、広く使う工夫が必要です。

 

広く使うには、不要なもの置かないようにすれば、広く使うことができます。

 

しかし、ものを少なくするにも限度があります。

 

そんな時に便利なのが、部屋を有効活用できるベッドです。

 

収納付き

収納ベッドメリット

ベッドの下に収納できるベッドが、収納ベッドです。

 

ベッドの下に引き出しが、付いているので、その中に、不要なものを片づけることができます。

 

狭い部屋の場合は、スペースを少しでも有効活用したいので、新しい収納スペースは重宝します。

 

おすすめの収納ベッドはこちら>>>

収納ベッドのおすすめベスト3

 

大収納付き

跳ね上げ式ベッドイメージ

収納ベッドよりも、収納部分が大きいベッドが、跳ね上げ式ベッドです。

 

跳ね上げ式ベッドなら、布団やスーツケースも片づけることができるので便利です。

 

狭い部屋の場合は、大きなものを置く場所に困りますよね。

 

そんなときに、跳ね上げ式ベッドの大きな収納は魅力的です。

 

おすすめの跳ね上げ式ベッドはこちら>>>

跳ね上げ式ベッドのおすすめベスト3

 

立体的

ロフトベッドとソファ

部屋を立体的に使うことができるのが、ロフトベッドです。

 

ロフトの下にあるスペースを、有効に使うことができます。

 

下のスペースが使える分だけ、部屋が広くなります。

 

狭い部屋でも、ソファを置くことまでできてしまいます。

 

おすすめのロフトベッドはこちら>>>

ロフトベッドおすすめベスト3

 

<スポンサードリンク>


部屋を広く見せる方法

部屋を広く見せる簡単な方法は、どんなベッドを選ぶかがポイントなんです。

 

部屋を広く見せるときに選びたいベッドは、高さが低いベッドです。

 

ベッドの高さを低くするだけで、部屋を広く見せることができるんです。

 

ベッドで部屋が広く見える理由

ベッドのように大きい家具は、高さがあると圧迫感を感じてしまいます。

 

反対に、高さが低いベッドは、部屋をすっきり見せる効果があります。

 

部屋がすっきり見えると、広く感じますよね。

 

狭い部屋の場合は、高さが低いベッドがおすすめです。

 

<スポンサードリンク>


高さが低いベッドとは

高さが低いベッドでおすすめなのが、フロアベッドとローベッドです。

 

それぞれのおすすめ商品をご紹介します。

 

フロアベッド

フロアベッドメリット

フロアベッドのおすすめベスト3

 

ローベッド

ローベッドイメージ 狭いスペースに置く

ローベッドのおすすめベスト3

 

狭いスペースを使うベッドとは

マットレスベッドメリット

部屋が狭い場合は、レイアウトの都合上で、どうしてもこのスペースにベッドを置きたいというケースがあります。

 

ここにベッドが入ったら、他のスペースを有効に使えるので、何とかここに収めたいというのは、切実な願いですよね。

 

そんなときに便利なのが、ヘッドボード無しのベッドです。

 

ヘッドボードがなければ、その分ベッドのサイズが小さくなります。

 

今まで置けなかったスペースに、ベッドを置くことができるようになるんです。

 

また、ヘッドボードで使っていた分のスペースが空くので、そこを使うことができるようになります。

 

<ヘッドボードがついていないベットはこちら>

ヘッドボードがないベッド

 

まとめ

狭い部屋でもベッドの選び方によって、部屋を広く使うことができます。

 

狭い部屋だから、ベッドのスペースがないという理由で、あきらめる必要がなくなります。

 

おすすめのベッドから選べば、狭い部屋でもベッドを置くことはできるんです。

ベッドリンク画像

ベッドリンク2