三段ベッドのメリット・デメリット7大ポイント

三段ベッドのメリット・デメリットをまとめました。

 

二段ベッドを知っている人は多いと思いますが、実は、三段ベッドもあるんです。

 

三段ベッドは、少し特別なベッドですよね。

 

しかし、三段ベッドは、シチュエーションが合えば、とても便利なベッドなんです。

 

特別なベッドならではの、メリット・デメリットをご紹介します。

<スポンサードリンク>
うれしい!回答者全員にプレゼント企画

三段ベッドのメリット

三段ベッドのメリット

3人で使える

3人兄弟の場合は、3人で使えることが、最大のメリットではないでしょうか。

 

子ども部屋を3人で使っている場合は、二段ベッドだと1人分足りないですよね。

 

2段ベッドを使っても、1人だけ布団で寝ることになってしまいます。

 

他の兄弟と同じようにしたいですよね。

 

1人だけが、我慢することになるとけんかになることもあります。

 

そんな事で、兄弟げんかするのは悲しいですよね。

 

組み換えができる

三段ベッド組み換え

三段ベッドは、組み換えができます。

 

縦に積んで使うというのが、通常の使い方です。

 

しかし、横に並べて使うこともできるんです。

 

横に並べれば、広く使うことができます。

 

例えば、シングルサイズを2つ並べればキングサイズと同じくらいの広さです。

 

子どもが小さい間は家族で使うこともできます。

 

シチュエーションに合った使い方ができる点は、メリットです。

 

スペースの有効活用

お部屋が狭い場合は、ベッドを三つ並べると部屋の大半を占めてしまいます。

 

三段ベッドのように、一つのスペースに三台置けると、スペースを有効活用できるメリットがあります。

 

布団の片づけ

布団で寝る場合は、毎朝布団を片づける必要があります。

 

子どもが自分で片づけられるようになればいいのですが、小さい間は難しいですよね。

 

3人分の布団を片づけるのは、大変です。

 

もちろん夜になれば、布団を敷きますよね。

 

三段ベッドであれば、布団を上げなくても大丈夫です。

 

しかも、すのこ構造になっているので、通気性も抜群ですよ。

 

<すのこの通気性について詳しくしりたい方はこちら>

すのこベッドのメリット・デメリット

 

<スポンサードリンク>


三段ベッドのデメリット

デメリット

高さ

三段ベッドの三段目は、床からの高さが高いんです。

 

もし落ちたら、けがをしてしまう可能性があります。

 

けがの可能性がある事は、デメリットです。

 

小学生ぐらいになれば、心配は減るので、年上の子どもを三段目にするほうがいいですね。

 

圧迫感

三段ベッドは高さが高くなるので、圧迫感がでてしまいます。

 

圧迫感があると、部屋が狭く感じてしまいます。

 

部屋が狭く感じることは、デメリットですよね。

 

圧迫感を和らげるためには、三段ベッドを部屋の隅に置く方法があります。

 

そのときに注意したいのが、窓際に置かないことです。

 

窓際に置くと光が入りにくくなるので、部屋が暗くなってしまいます。

 

地震

三段ベッドのように高さがある家具は、地震で倒れないか心配な点がデメリットです。

 

三段ベッドは、強度の強い木製のベッドが多いんです。

 

それは、耐震性についても考えているからです。

 

これまで発生した地震では、タンスが倒れてきて亡くなるというニュースを聞いたことがあるかもしれません。

 

しかし、ベットが倒れて亡くなったというニュースは、聞かないですよね。

 

三段ベッドだからといって、必要以上に心配することはありません。

 

もし、心配な場合は、接続部分を補強すれば、三段ベッドの本体の強度が上がります。

 

そして、三段ベッドを壁に固定すれば、安心ですよね。

 

 

<スポンサードリンク>


三段ベッドのメリット・デメリット7大ポイントのまとめ

三段ベッドのメリット・デメリットを比較してまとめました。

 

三段ベッドは、3人兄弟の子ども部屋におすすめです。

 

三段ベッドを子ども部屋に置くけば、スペースの有効活用ができます。

 

これは、とてもメリットがあります。

 

それでも、高さが気になる人もいるかもしれません。

 

そんな人におすすめなのが、高さが低いロータイプの三段ベッドです。

 

高さが低いが、地震の時に安心ですよね。

 

しかも、高さが低いと布団を上げ下げするときに楽なんです。

ベッドリンク画像

ベッドリンク2