大柄な人のベッド選びで気を付けたいポイント

大柄な人がベッド

 

大柄な人のベッドを選ぶときに、気をつけたほうがいいポイントがあります。

 

ベッドは、日本人の平均的な体形を基準に作ってあります。

 

例えば、シングルベッドの場合は、一人で眠ることができるサイズです。

 

標準体形の人が基準になっているので、痩せている人なら、少しゆったりと眠れるかもしれませんね。

 

では、大柄な人はどうでしょうか。

 

標準体形の方と比べると、少し窮屈になってしまうことが想像できますよね。

 

大柄な人は、どんな点に注意が必要なのかをまとめました。

 

<スポンサードリンク>
うれしい!回答者全員にプレゼント企画

大柄な人の基準

大柄な人の基準は?

メジャー計測

 

背が高い人や、体ががっしりとしている人が大柄な人ですよね。

 

背が高い人

背が高い人に、おすすめのベッドは別に紹介しているので、そちらを参考にしてくださいね。

 

<背が高い人のおすすめはこちら>

高身長の人が快眠できる厳選ベッド

 

体ががっしりしている人

体ががっしりしている人について、確認していきます。

 

体ががっしりしているという言葉は、あいまいですよね。

 

スポーツ選手のような人もいれば、ちょっとぽっちゃりした人もいます。

 

ここでは、体重を目安として見ていきます。

 

<スポンサードリンク>


何キロ以上が大柄?

体重計

 

身長が高い人は体重が重いので、身長と体重をもとに、適正体重を計算して数値を出してみたいと思います。

 

適正体重の計算式は、身長(m)x身長(m)x22で算出します。

 

目安として、日本人男性の平均身長(171cm)の適正体重は、何キロなのかを計算してみます。

 

日本人男性の平均身長(171cm)の場合

1.71×1.71×22=64.33

 

64kgが、日本人男性を平均したときの適正体重です。

 

では、大柄な人は何キロでしょうか。

 

身長171cmの場合は、73kg以上です。

 

ちなみに、身長が180cmの人は、同じ基準で計算すると81kg以上で大柄な人です。

 

<スポンサードリンク>


大柄な人が困ること

大柄で困った

ベッドが狭い

標準的な体形の人にぴったりのサイズのベッドに、大柄な人が寝ると狭く感じてしまいます。

 

理由は、大柄な人は、筋肉や脂肪がある分だけスペースを使うからです。

 

耐荷重オーバー

耐荷重は、平均的な体重を元に設定されています。

 

大柄な人は、設定されている耐荷重を超えてしまう可能性がありますよね。

 

<耐荷重についてはこちら>

ベッド耐荷重で選ぶならどの種類なのか

 

大柄な人が快適に眠る方法

1ランク以上大きなサイズを使う

ookinabed

大きいサイズを選ぶことで、ゆったり眠ることができます。

 

シングルの場合は、セミダブルを使うというように、1ランク上のサイズを選んでください。

 

1ランク上のサイズでも、ぴったりになる可能性もあります。

 

ゆったり眠るためには、2ランク上がいいかもしれないですね。

 

<サイズの詳細はこちら>

ベッドサイズの疑問解決

 

耐荷重

耐荷重の制限が重いベットを使うほうが、安心できます。

 

耐荷重が、100kgのベッドもあれば、180kgまで大丈夫なベッドもあります。

 

大柄な人におすすめのベッド

土台がしっかりしたベッドが、安心ですね。

 

耐荷重が重いベッドは、しっかりした強度が強いベッドと考えることができますよね。

 

耐荷重を基準にした場合に、種類によって耐荷重の違いはあるか調べてみました。

 

すると、若干ですが種類ごとに差があることが分かりました。

 

ベッドの中でも、収納ベッドが、耐荷重が重いものが多いことが分かりました。

 

まとめ

大柄な人は、1ランク上のサイズを選ぶと安心です。

 

収納ベッドを選ぶとがっしりしたタイプが多いので、おすすめです。

 

反対に、大柄の人が避けたいのは、ロフトベッドです。

 

耐荷重が軽めの設定のものが、多いんです。

 

<おすすめの収納ベッドはこちら>

おすすめベスト3

全商品

ベッドリンク画像

ベッドリンク2