割れない鏡通販専門店 |割れない鏡PLUS:日テレで紹介された「割れない鏡」が激安
割れない鏡通販専門店 |割れない鏡PLUS
Home > 割れない鏡雑学 > 割れない鏡と呼ばれる理由

割れない鏡と呼ばれる理由

鏡が割れない理由

割れない鏡は、普通のガラス鏡よりも割れにくいんです。

 

なぜ、割れない鏡は、普通の鏡よりも割れにくくて、割れない鏡と呼ばれているのか。

 

その秘密は、割れない鏡の構造にあるんです。

 

割れない秘密

ポリエステルフィルム

割れない鏡フィルム

 

割れない鏡には、ポリエステルフィルムという特殊な素材を使っています。

 

このポリエステルフィルムをフィルムミラーとして、ガラスの代わりに使ったのが、割れない鏡です。

 

ポリエステルフイルムの素材は、ポリエステルです。

 

ポリエステルっていう言葉は、どこかで聞いたことがありませんか。

 

ポリエステルは、身の回りで様々な商品に使われていますよね。

 

ペットボトルもポリエステルですし、繊維にも使われています。

 

そんな素材であるポリエステルフィルムを使っている割れない鏡が、ガラスと違って割れにくいのも納得ですね。

 

ポリエステルフィルム豆知識

ポリエステルフィルムは、1950年代にアメリカで開発されました。

 

日本では、1970年代になって製造・販売が始まりました。

 

まとめ

割れない鏡が割れにくい理由は、ガラスの代わりにポリエステルフィルムを使っているからでした。

 

ガラスが割れるところは簡単に想像できますが、フィルムが割れるところは想像できないですよね。

割れない鏡例

フィルムでれば、倒れたぐらいでは割れそうもないですよね。

 

ボールがぶつかっても問題なく跳ね返してくれるでしょう。

 

割れない鏡と呼ばれている理由が分かれば、安心して使うことができますよね。

割れない鏡リンク画像

割れない鏡リンクimage