ロングサイズベッドで長身の悩みを簡単に解決

ロングサイズベッドイメージ2

ロングサイズベッドで、長身の方の悩みが解消されてしまいます。

 

長身の人は、ベッドが小さいと感じることが多いのではないでしょうか。

 

普通のベッドだと、足を伸ばすと布団から足がはみ出してしまいますよね。

 

仕方ないので、足を曲げて寝ている人も多いですよね。

 

実は、ロングサイズベッドにするだけで、簡単に悩みが解消してしまうんです。

 

<スポンサードリンク>
うれしい!回答者全員にプレゼント企画

ロングサイズベッドとは

背が高い人のベッド

ロングサイズベッドは、長さが通常のベッドよりも長いベッドです。

 

通常は、シングルでもキングでも、サイズにかかわらず同じなんです。

 

どちらも長さは、約195cmです。

 

サイズが変わっても、長さは一定になっているんです。

 

これに対して、ロングサイズベッドは、約206cmです。

 

通常のベッドよりも、10cmも長くなっています。

 

長くなった分、背が高い長身の方でも足を伸ばして眠ることができます。

 

ロングサイズベッド比較

 

<スポンサードリンク>


ロングサイズのサイズ

ロングサイズのサイズはシングル、セミダブル、ダブルの3種類があります。

 

それぞれの違いは、マットレスの横幅です。

 

一人暮らしであれば、シングルがおすすめです。

 

大柄な方は、セミダブルがいいかもしれません。

 

二人で使う予定の方は、ダブルを選ぶことをおすすめします。

 

サイズについてはこちら>>>

ベッドサイズの疑問解決

 

<スポンサードリンク>


おすすめのロングサイズベッド

ROSSO

ロングサイズベッドROSSO

 

<ROSSOのおすすめポイント>

  1. フロアベッド:高さが低いので、お部屋が広く感じます。
  2. ヘッドボード:おしゃれな間接照明つきです。もちろん棚が付いているので、毎日使う時計やメガネを置くのに便利です。
  3. 日本製:厳しい安全基準をクリアしているので安心です。
  4. マットレスが選べる:お好みの方さのマットレスを選ぶことができます。

 

フロアベットについてはこちら>>>

フロアベッドのメリット・デメリット8大ポイント

 

ROI LONG

ロングサイズベッドROILONG

 

<ROI LONGのおすすめポイント>

  1. 収納:引き出し収納付きで、お部屋をすっきりできます。
  2. ヘッドボード:おしゃれな間接照明つきです。もちろん棚が付いているので、毎日使う時計やメガネを置くのに便利です。
  3. 日本製:厳しい安全基準をクリアしているので安心です。
  4. マットレスが選べる:お好みの方さのマットレスを選ぶことができます。
  5. フレームが選べる:フレームの色を選ぶことができます。

 

収納ベットについてはこちら>>>

収納ベッドのメリット・デメリット7大ポイント

 

ロングサイズを使った感想

ロングサイズベッド使用者の感想

 

まとめ

ロングサイズベッドを選ぶことで、長身の人の悩みが解消されるのではないでしょうか。

 

長さが長いロングサイズの存在を知らない方も多く、ベッドから足は、はみ出すものとあきらめていた人も多いのではないでしょうか。

 

快適な睡眠は、睡眠の質を上げるためには不可欠です。

 

長身の人は、ぜひ使ってみることをおすすめしますよ。

 

ロングサイズベッドはこちら>>>

ロングサイズベッド

ベッドリンク画像

ベッドリンク2