キングサイズベッド購入で後悔しないための5大ポイント

 キングサイズベッド購入

 

キングサイズベッド購入には、少し勇気がいりますよね。

 

一番大きなサイズのキングサイズベッドで、広々と寝ることに憧れている人は、非常に多いんです。

 

憧れていても購入するには、思い切りが必要ですよね。

 

何かのきっかけが、必要かもしれません。

 

そのきっかけとしては、結婚や引っ越しが、多いんです。

 

いざ購入するときに困らないように、メリットとデメリットについてまとめてみました。

 

<スポンサードリンク>
うれしい!回答者全員にプレゼント企画

キングサイズベッドメリット

広さ

なんといってもキングサイズベッドの広さは、魅力的です。

 

メーカーにより多少の違いはありますが、キングサイズの大きさは、約194cm(幅)x約195cm(長さ)です。

 

シングルが、約97cm(幅)x約195cm(長さ)なので、およそ2倍の広さがあります。

 

シングルでも無理をすれば、大人2人が眠ることができる大きさなので、キングサイズは十分すぎる広さがありますね。

 

優越感

キング差し込み画像1

 

キングサイズは、デザインがおしゃれなものが多いんです。

 

見た目にも、優越感があります。

 

使いがってもよく、大の字になって寝転がっても、体がはみ出す心配がありません。

 

広々としていて、優越感を感じることができます。

 

<スポンサードリンク>


キングサイズベッドのデメリット

スペースが必要

広いベットなので、置くスペースもそれなりに必要です。

 

部屋が狭いと、ほとんどキングサイズベッドが占めてしまうことになりかねません。

 

購入するときには、部屋のレイアウトをよく考えておく必要があります。

 

キングサイズを置くためには、約2畳分のスペースが必要です。

 

6畳の場合は、部屋の1/3以上がキングサイズを置くスペースです。

 

8畳の場合でも1/4以上が、ベッドのスペースです。

 

部屋の間取りにもよりますが、クローゼットの開閉や、扉の開閉スペースを考えると6畳だと難しいですよね。

 

8畳なら、間取り次第でなんとか置ける広さですね。

 

布団などの選択肢が少ない

キングサイズの布団カバーや毛布の種類は、シングルや他のサイズに比べると少ないんです。

 

布団や毛布を購入するときに、少し困る可能性があります。

 

移動が大変

大きいので、一人で動かすことが難しいんです。

 

<スポンサードリンク>


まとめ

キングサイズベッドは、置くスペースに余裕がある人には、おすすめです。

 

メリットとデメリットをリストアップすると、デメリットのほうが多くなっています。

 

しかし、デメリットの内容を確認してみてください。

 

数は多いですが、決定的な欠点は見当たりません。

 

まず、毛布やカバーに関してはキングサイズ用の商品も少ないことは事実です。

 

少ないといっても、その中からでも探すことはできます。

 

どうしても見つからない場合は、シングルを2つ購入するという方法もありますからね。

 

次に、キングサイズベッドの移動についてです。

 

確かに、簡単にはできません。

 

なんといっても、最も大きいベッドですからね。

 

しかし、購入時に設置してしまえば、基本的には動かさないですよね。

 

次に動かすとしても、引っ越しをするときというケースが大半だと思います。

 

引っ越しの場合は、業者さんが運んでくれるので、特に問題はないですよね。

 

メリットとデメリットの5つのポイントを理解して、キングサイズベッド購入を成功させましょう。

 

キングサイズベッドの最新商品はこちら>>>

キングサイズベッド

ベッドリンク画像

ベッドリンク2