ウォルナット柄ベッド

種類

なぜ?ウォールナット柄・高さが低いローベッドが人気の理由!!

ベッドを選ぶときに、ウォールナット柄という言葉を見かけることが多いですよね。

ウォールナット柄という言葉を普段見かけることは、ほとんどありません。

しかし、ベッドを探していると、頻繁にこのウォールナット柄がでてくるんですよね。

しかも、このウォールナット柄のベッドは、高さが低いローベッドが多いんです。

なぜ、人気があるのか調べてみました。

<スポンサードリンク>




<スポンサードリンク>



ウォールナット柄とは

ウォルナットとは、クルミ科の広葉樹です。

日本では、ブラックウォルナットが使われることが多いです。

特徴は、強度が強く、仕上がりがきれい(高級感がある)点です。

価格も高級木材に比べて安価なので、ベッドの価格を抑えることができます。

高級感がある見た目なのに、価格を安く抑えることができれば、家具に使うには、最適ですよね。

<スポンサードリンク>



高さが低いローベッド

ローベッドは、ベッドと床の高さが低いベッドです。

高さが低いメリットは、部屋が広く見える点です。

ベッドの高さが低いと、ベッドの圧迫感を抑えることができるんです。

その結果、部屋が広く見えるんです。

ローベッドと同じように、高さが低いメリットを持つベッドがあります。

それは、フロアベッドです。

フロアベッドも人気のベッドなんです。

フロアベッドとローベッドについて知りたい人はこちら>>>

フロアベッドとローベッドのメリット・デメリット

<スポンサードリンク>



まとめ

ウォルナット柄の高さの低いベッドが、人気の理由をまとめました。

ウォルナット柄のベッドは、材質の値段が安いのに、高級な仕上がりになっています。

コストメリットがあるので、お得なんです。

ベッドのように、大きな家具の場合は、使う材料の量が多いです。

材料が多くなると、その分費用が高くなってしまいます。

値段が高いのは、当然ですよね。

しかも、値段が高いベッドは、なかなか手がでません。

しかし、ウォルナット柄であれば、値段を抑えることができます。

おしゃれな、デザインのベッドを買うこともできます。

ウォルナット柄の厳選激安ベッドはこちら>>>

ベッド通販リンク画像

関連記事

  1. くつろげるベッド

    種類

    寝る前にくつろげるベッドの条件

    寝る前に、ベッドの上でくつろぐ人も多いのではないでしょうか。本を読…

  2. パイプベッドの寝心地

    種類

    パイプベッドの寝心地を簡単にアップさせる方法

    パイプベッドに、どんなイメージを持っていますか。例えば、「一人暮ら…

  3. ロフトベッドセミダブル

    種類

    ロフトベッドでセミダブルを選ぶメリット・デメリット

    ロフトベッドは、部屋の広さを有効に使うことができるベッドです。部屋…

  4. 種類

    パイプベッドは布団を干さないでいいってホント?

    パイプベッドは布団を干さないでいいと聞いたことがありませんか。これ…

  5. すのこベッドはカビない

    種類

    すのこベッドはカビないってホント?

    すのこベッドは、「カビが生えない」という話を聞いたことがありませんか。…

  6. 跳ね上げ式キングサイズベッド

    種類

    荷物をたくさん収納するなら、跳ね上げベッドキングサイズ

    荷物を収納するスペースがあれば、部屋が片付きますよね。片づけたいけ…

<スポンサードリンク>


最近の記事

  1. ベッドフレームの選び方
  2. 腰痛の人におすすめのベッド
  3. 布団で眠れるフロアベッド
  4. シングルベッド2つ

おすすめ記事

  1. 収納ベッドのデメリット
  2. ソファベッドの寝心地
  3. 2人用のベッド
  1. ローベッドのデメリット

    トラブル

    ローベッドのデメリットを簡単に解消する方法
  2. 収納ベッド引き出しのほこり

    シチュエーション

    引き出しのほこりが心配な人におすすめの収納ベッド3選
  3. 雑学

    エアコンマットがおすすめの理由
  4. すのこベッドのデメリット

    トラブル

    すのこベッドのデメリットを簡単に解消する方法
  5. トラブル

    ぎっくり腰になったときに!布団とベッドのどっちがいいの?
PAGE TOP