トラブル

ぎっくり腰になったときに!布団とベッドのどっちがいいの?

ぎっくり腰になると、言葉で言い表せないほど、痛いんです。

しかし、この痛みは、なった人にしかわからないんですよね。

この辛いぎっくり腰といえば、以前は、年配の人がなることが多かったんですが、最近は、変わってきています。

若い人でも、ぎっくり腰になることも増えています。

ぎっくり腰になると、しばらく安静が必要です。

そこで、多くの人が疑問に思うのが、布団とベッドのどちらがいいのかということです。

布団がいいという人もいれば、ベッドがいいという人もいますよね。

実際は、ぎっくり腰になったときには、布団とベッドのどちらを選べばいいんでしょうか。

<スポンサードリンク>




<スポンサードリンク>



ぎっくり腰のときのメリット

布団

布団の硬さはメリットになります。

ぎっくり腰のときは、少しでも腰に負担がかかると痛みが走ります。

ベッドマットレスは、布団に比べてやわらかいですよね。

やわらかいことがメリットになる場合もありますが、ぎっくり腰のときは、デメリットになります。

マットレスがやわらかいと、体重によってマットレスが沈みこむんです。

体の中で、一番重いのが、腰なんです。

腰の部分が一番沈み込むので、腰に負担がかかってしまいます。

布団なら、腰が沈み込むのを緩和できます。

ベッド

ベッドのメリットは、高さです。

この高さが、ぎっくり腰のときに役に立つんです。

実は、この高さがあるので、朝起きるときに、立ち上がるのが楽なんです。

もちろん、寝るときにも布団のように一旦しゃがみ込む動作を省くことができます。

<スポンサードリンク>



布団とベッドのいいとこどり

布団には、布団のメリットがありました。

ベッドには、ベッドのメリットがありました。

もし、布団とベッドのメリットのいいとこどりができれば一番ですよね。

実は、いいとこどりできるベッドがあるんです。

それが、畳ベッドです。

畳ベッドとは

ベッドのマットレス部分が、畳になっているんベッドです。

もちろん、畳の上に布団を敷いて寝ることができるんです。

この畳ベッドのベースは、ベッドなので、ベッドの高さを活かすことができます。

しかも、マットレス部分が畳なので、布団のメリットを生かすことができるんです。

畳ベッドたいぜん

畳ベッドが気になる人はこちら>>>

<スポンサードリンク>



まとめ

ぎっくり腰になったときに、布団とベッドのどちらがいいのかをまとめました。

布団とベッドは、それぞれに、ぎっくり腰に対してのメリットがあります。

両方のメリットを持っているベッドがあれば、一番いいですよね。

ぎっくり腰になると、とても大変です。

少しでも、快適に過ごせるベッドがあれば、助かりますよね。

ぎっくり腰が、治ってからも、腰に負担がかからない姿勢で寝ることができるので、おすすめです。

ベッド通販リンク画像

関連記事

  1. ベッドを除湿する方法

    トラブル

    ベッドを湿気から守る除湿の3大ポイント

    ベッドは、湿気がたまりやすい場所なんですよね。ベッドに、湿気がたま…

  2. 収納ベッドのデメリット

    トラブル

    収納ベッドのデメリットを簡単に解消する方法

    収納ベッドは、ベッドに引き出しがついているベッドです。引き出しに荷…

  3. トラブル

    寝相が悪くベッドから落ちる人におすすめの対策

    寝相が悪くてベッドから落ちてしまった経験はありませんか。初めてベッ…

  4. すのこベッドのデメリット

    トラブル

    すのこベッドのデメリットを簡単に解消する方法

    すのこベッドは、とても通気性がいいベッドです。通気性がいいので、カ…

  5. トラブル

    フロアベッドはカビが生えやすいってホント?

    フロアベッドは人気のあるベッドです。しかし、フロアベッドは、注意し…

  6. 梅雨のベッドカビ対策

    トラブル

    梅雨の時期に気を付けたいベッドのカビ対策

    梅雨になると雨の日が続きますよね。外出するときには傘が必要なので、…

<スポンサードリンク>


最近の記事

  1. ベッドフレームの選び方
  2. 腰痛の人におすすめのベッド
  3. 布団で眠れるフロアベッド
  4. シングルベッド2つ

おすすめ記事

  1. 2人用のベッド
  2. 収納ベッドのデメリット
  3. ソファベッドの寝心地
  1. 布団もマットもすのこベッド

    種類

    布団もマットレスもどちらも使えるすのこベッド
  2. 雑学

    エアコンマットがおすすめの理由
  3. 雑学

    寝相でわかるあなたの性格
  4. くつろげるベッド

    種類

    寝る前にくつろげるベッドの条件
  5. 雑学

    スペースを有効活用できるチェストを知っていますか
PAGE TOP