暑い夏の夜におすすめのベッド

シチュエーション

暑い夏の夜でも快眠できる人が使っている!おすすめのベッド

暑い夏の夜には、何度も目が覚めてしまいますよね。

エアコンのタイマーが切れるたびに、暑くて目が覚めてしまう経験は、誰にでもあるものです。

暑いからといって、エアコンをつけっぱなしにしておくのも考えものですよね。

エアコンをつけたままにしておくと、翌朝、起きたときに、なんとなく体がだるいです。

それに、エアコンを使いすぎると電気代の請求金額が跳ね上がってしまいます。

そこで、暑い夏に快眠したい人が使っているおすすめのベッドをご紹介します。

<スポンサードリンク>




<スポンサードリンク>



暑くて目が覚める原因

夏の夜に目が覚める原因は、もちろん、暑いからです。

しかし、気温が高いだけではないんです。

ポイントになるのが、体とマットレスの間にたまる熱です。

マットレスの熱

寝るときに横になったときは、そこまで暑く感じないですよね。

しかし、しばらくすると体が暑く感じてきます。

暑く感じるのは、体とマットレスの間に熱がたまるからです。

もし、何時間経っても寝転がったときと同じなら、寝苦しさを感じないで寝ることができます。

<スポンサードリンク>



暑い夏におすすめのベッド

マットレスと体の間に熱がたまるのを防いでくれるのが、このベッド(マットレス)です。

空調ベッド

暑い夏におすすめのベッド

マットレスと体を接触されないようにして、暑さを防ぐのが、この空調ベッドです。

空調ベッドはこちら>>>

ドライブリーゼ

暑い夏におすすめのベッドマット

「ブレスエアー」という特殊な素材を使うことで、通気性を高めたマットレスが、このドライブリーゼです。

ドライブリーゼはこちら>>>

<スポンサードリンク>



おすすめのベッドのメリット

おすすめのベッドには、快眠ができること以外にもメリットがあります。

電気代

おすすめのベッドは、電気代が安いんです。

どちらのタイプも、電気代が、月額30円以下です。

エアコンを使ったときよりも断然お得です。

カビ対策

もう1つのメリットが、カビ対策ができることです。

カビの原因になるのは、マットレスにたまった湿気です。

夏は、湿度も高い上に、汗をかくので、マットレスに湿気がたまりやすい時期なんです。

しかし、おすすめのベッドは、風を送って湿気を取り除くことができます。

湿気が減るので、マットレスにカビが生えにくくなるんです。

まとめ

暑い夏に快眠できるベッドをご紹介しました。

このベッドを使えば、背中のじめじめとした感覚がなくなります。

寝苦しさが解消されて、快適に眠ることができます。

しかも、エアコンを使うよりも、各段に電気代が安く済みます。

カビの対策にもなるので、とても便利です。

ベッド通販リンク画像

関連記事

  1. 就職で一人暮らしを始める男性におすすめのベッドは?

    シチュエーション

    就職で一人暮らしを始める男性におすすめのベッドは?

    就職を期に一人暮らしを始める男性も多いですよね。地元で、一人暮らし…

  2. シチュエーション

    和室の畳の上にベッドを置く注意点

    マンションの間取りで、和室がある場合は、和室を寝室として使うことが多い…

  3. ローベッドキングサイズ

    シチュエーション

    寝室にキングサイズを置くならローベッドが断然おすすめ!

    寝室にキングサイズベッドを置くときに、ベッドの配置で苦労しますよね。…

  4. シチュエーション

    寒い冬でもベッドで快適に眠る方法

    冬は寒くてなかなかベッドから出られない人も多いですよね。なぜ、ベッ…

  5. レザーベッド

    シチュエーション

    簡単におしゃれな寝室を作るならレザーベッドがおすすめ

    おしゃれな寝室に、あこがれますよね。寝室は、毎日寝る前に過ごす場所…

  6. クイーン

    結婚してベッドを買う人におすすめ!選ぶなら激安クイーンサイズ

    結婚をして、ベッドを探すときには、どんなベッドがいいか迷いますよね。…

<スポンサードリンク>


最近の記事

  1. ベッドフレームの選び方
  2. 腰痛の人におすすめのベッド
  3. 布団で眠れるフロアベッド
  4. シングルベッド2つ

おすすめ記事

  1. 2人用のベッド
  2. 収納ベッドのデメリット
  3. ソファベッドの寝心地
  1. ソファベッドが痛い

    トラブル

    ソファベッドが寝心地が悪く痛いと感じる3大ポイント
  2. 収納ベッドのデメリット

    トラブル

    収納ベッドのデメリットを簡単に解消する方法
  3. 雑学

    部屋を広く使う超簡単な方法
  4. シチュエーション

    赤ちゃんと添い寝に向いているベッドとは?
  5. 雑学

    エアコンマットがおすすめの理由
PAGE TOP