ベッドテイストで抑えておきたい3種類

ベッドテイスト

ベッドのテイストをどうするかというのは、家具をそろえていくときには重要なポイントです。

 

家具をそろえていくときは、こんな部屋にしたいという部屋のイメージにあった家具を買いますよね。

 

そのイメージを明確にしておくことで、家具選びで迷うことが少なくなります。

 

人気のベッドテイストについてまとめました。

 

<スポンサードリンク>
うれしい!回答者全員にプレゼント企画

1.モダンデザイン

モダンイメージベッド

基本は、シンプルなインテリアスタイルです。

 

シンプルなのは、極力、無駄な部分を削っているからです。

 

その結果として、シンプルながら、機能性はしっかりと残したスタイルが完成しました。

 

色は、白や黒を基調としているので、落ち着いた雰囲気を持っています。

 

ガラスや金属といった無機質な素材を使うことが特徴で、木の場合は、木目を塗りつぶして塗装仕上げにしています。

 

モダンデザインテイストの商品はこちら>>>

モダンデザイン

 

<スポンサードリンク>


2.北欧

北欧イメージ

スウェーデン、デンマーク、フィンランドに代表される北欧諸国のインテリアを取り入れたスタイルです。

 

無駄な装飾のないシンプルなデザインで、ナチュラルな色使いをしています。

 

北欧の冬は長く、室内で多くの時間を過ごしてきたので、独創性の高い雑貨が、たくさん産まれました。

 

また、家具にビンテージ(感のある)というのが、北欧スタイルです。

 

北欧テイストの商品はこちら>>>

北欧

 

<スポンサードリンク>


3.カントリー

カントリーイメージ

欧米の田舎の部屋をイメージしたスタイルです。

 

日本では、アメリカンカントリーのことを指すことが多いんです。

 

がっしりとした大きめの家具が、印象的です。

 

木の材質が全面に出ている素朴さが、伝わる暖かいイメージを持っています。

 

カントリーテイストの商品はこちら>>>

カントリー

 

まとめ

どんなベッドテイストの種類を選ぶかは、どんな部屋にしたいかによって決まります。

 

そのため、どのテイストでないとだめというものはありません。

 

どんなテイストを選ぶにしても、ベッドの選択はとても重要です。

 

ベッドは大きい家具なので、お部屋の中での存在感があります。

 

テイストが違うものを選んでしまうと、お部屋の全体のテイストが変わってしまう可能性があります。

 

どんな部屋にしたいかを考えてから、慎重にベットを選んでくださいね。

ベッドリンク画像

ベッドリンク2